· 

採用待ちが発生するお店

この、人手不足の世の中に、社員として働きたいんです!という採用待ちが発生している飲食店があります。
街中の個人店です。
聞いてみると、社長がダメと言ってるのに、従業員が割と好き放題やってるらしいんです。
お客様とお店で一緒に飲みはじめたり、お客様と勤務時間外に遊びに行ったり。
この話だけだと、なんなんだ!この店!ということになりますが。
が、これらの行動って、従業員が目の前のお客様を楽しませるために自らやってることなんです。
一緒に飲むのは昔からのお付き合いある、お客様へのサービス。
遊びに行くのは、お客様イベントの一環。
根っこにお客様を喜ばせる、というのがあるから、社長も制止できないですし、従業員もちゃんと分別はわきまえてます。もちろん、お客様は喜んでくれています。
この会社は年に数回、従業員たちと地方の酒蔵など勉強会に行きます。会社負担は、一部だけ。
ですが、お金のない学生アルバイト達もなんとかお金を貯めて行こうとするんですね。
いつもより掃除を念入りにして、残業したりとか。
社長も背景わかってるから苦笑してます。
小さなお店ということもありますが、
社長が従業員ひとりひとりをよく理解しています。さらにスキルアップの機会も作ってます。
もともと接客の素質がある人たちが従業員として集まった、という側面もありますが、それ以上に社長の魅力、細やかな配慮が採用待ちの秘訣なのです。