· 

ものづくり補助金はストーリーで左右されます

ものづくり補助金の公募が始まっています。

 

ものづくり補助金において、採択されるかどうかを左右するのは、補助金申請のためのストーリー作りです。

 

 

大まかにこんなストーリーを語れるかどうかです。

 

これまで当社はこんな強みがあるから、お客様からの支持を得てきました。

 

しかし、こんな業務改善や新サービスを行うことで

お客様がもっと満足してもらえたり、従業員の作業効率が高まります。

 

この業務改善や新サービスに対して機械設備(最低50万円以上)が必要なんです。

その他の機械や技術等を入れるために総額で200万円(※)以上がかかります。

(※要件満たせば150万円)

 

この業務改善や新サービスがうまく起動にのればここまで業績がアップするんです。

それで従業員の賃上げをしたり、シニアや女性の雇用を進められます。

 

だから、地元経済の活性化につながるから、補助金よろしく!

 

 

とまあこんな感じ。

 

コンサルタントはこのストーリーに当てはまるかどうかを検討しながらヒアリングを行います。もし初回面談で「無理ですね」と断られた会社様はストーリーを描けなかった可能性が非常に高い。

単に「設備が古くなったから取り替えたい」だけでは補助金はもらえないんです。

(慣れているコンサルタントだと無理やりストーリーを作りますね苦笑)

 

実際には審査項目に対する対策が必要になります。

審査項目は公募要領にばっちり掲載されています。

 

 

申し込みを検討するときは「ストーリーを意識」して考えてくださいね。

ちなみに「小規模事業者持続化補助金」も同じです。

 

 

 

 

3月17日にものづくり補助金の勉強会を行います。

開催日時

2019年3月17日(日)15時半~17時

 

場所 千葉県千葉市中央区新町1−6 ラポール千葉新町202号室

(千葉駅から徒歩5分ほど)

最大人数 12名まで 

参加費 3,000円(消費税込み)

※当日のお支払いとなります。できるだけおつりがないようお願いいたします