· 

経営の魔がさすとき

経営改善の仕事に取り組むとき、10年間の決算書を分析してからヒアリングに臨みます。
で、絶好調なときから赤字に転落するタイミングでどうみても魔がさした、と思われる時期があるのです。
だいたいが新規事業を手がけたり、新店の出店です。
いい物件が出たとか、今までとは異なるビジネスを手がけるとか。
で、絶好調だから銀行もホイホイ貸すんですよね。なにぶん絶好調の会社で事業の成功者なので、コンサルや幹部を含め周りも苦言を呈さない。というか社長は絶対だから言いにくい。
実際にフタ開けてみたら、上手くいかなくて、でも周りを巻き込んでる手前なかなか辞めると言い出せず、以前の成功体験があるから何とかまだいける!なんてずるずるとお金を突っ込みます。
結果として、既存事業では返せない程度の借金が残ります。
手元に現金があればまだいいのですが、節税対策で内部留保がほとんど残っていない会社は立ち直れず……
銀行経由で巡り巡って私の元に来るわけです。
ポイントは魔がさすときは絶好調の時です。
絶好調のときこそ、自社の足元をしっかりと見据えてほしいのです。