· 

フランチャイズはお勧めできない


ノウハウがなくても本部からのサポートで開業できるのがフランチャイズ。
しかし、コンサルとして入った時に立て直しが難しいのもフランチャイズ。

飲食店や小売店の場合、仕入れが本部経由の調達でして、どう考えても相場より高いことがほとんど。さらにメニューや品揃えの見直しはできません。
かつ、本部チョイスの好立地にあるがゆえに家賃が割高な場合が多いのです。

もう一つの問題は、フランチャイズは流行り廃りに左右されます。特に飲食店は数年前まであったあのチェーン店がいつのまにかなくなってるなー、ということがままあります。
長年、利益を上げているフランチャイズはドミナント戦略の名の下に、同一商圏に次々と新店出店してくるケースも。

このような中で収益が悪化した場合、取るべき手段は、ムダの削減と、従業員によるモチベーションアップとサービスレベルの向上のみ。ひたすらPDCAを回していきます。

外部要因による影響が大きいフランチャイズです。が、当たり前のことを当たり前のように行い、細かな改善を行っていく、というひたすら地道な努力が試される業態でもあるのです。