· 

特にお金は任せきりにしない


社長が優秀な職員に経理などのお金周りを任せっぱなし、という会社は非常に多くあります。
常に通帳を見る癖があるのならいいのですが、自分の仕事が忙しく、ほとんど見てない社長も多いですね。

このような会社で最も多いのが横領です。
経理担当の目の前をウン100万円、ウン千万円のお金が動いてます。
最初は生活費がちょっと足りないから、と引き出してすぐに戻していたのが、慣れるにつれて大胆になっていきます。
積もり積もって数百万円、数千万円を懐に入れていた、というケースも多いのです。
どんなに善良な社員でも魔がさすことはあるのです。

それと、仕入業者との結託ということもあります。バックマージンでお金を受け取っているかという履歴は会社にはありませんから、なかなか明るみには出てきません。

いうことから、社長は日々のお金について確認する必要があるのです。
報告書と通帳や手元現金の残高の最終チェック、そしてサインか押印、という作業です。


それとこの作業は経理担当の従業員の身を守るのです。
お金周りのトラブルがあった時に疑われるのが経理担当。毎日の社長の確認印が自身の潔白を証明することにつながります。