· 

働き方改革とはどこまで作業を減らせるか


……というテーマであちこちからセミナーのお声がけがかかります。ありがたいですねぇ。
セミナーを紹介してくださるエージェントの方から、経営者と従業員の視点の双方から説明しているのが良い、ということでして。


さて、 働き方改革のセミナーですが、結局のところ作業を減らそう、ということに尽きます。労務とか残業規制の話は社会保険労務士の先生にお任せしてください。
何時間までしか残業ができないことを知るのはもちろん大切ですが、限られた時間の中で業務を終わらすことはもっと大事で、さらに顧客から評価を受けているところは手抜きしない。

顧客から評価を受けているのは何か、つまるところ自社の強みは何か、がわかっていないと働き方改革は進みません。

もう少し進めるのなら、その強みは何か、社長だけ分かっていてもダメでして、従業員全員が骨身にしみてわかっていないと意味がない。
なぜなら、社長はこれで良い、と了解をとっていたものの、古株の上司がこのやり方ではダメだ、と言い出して、非効率的なやり方に戻されるということになりがちですから。

お客さまからの評価を受ける強みが何かを見出して、余計な作業をなくす、または外に出すことを検討したいですね。