· 

ホウレンソウができない理由


会社を運営する上で、上司が指示した業務の進捗を報告して、情報を関係者に連絡して、困ったことがあれば相談する、というのは非常に大切なことです。

ですが、残念ながらできていない、と感じる経営者や管理職は大勢います。

なんで、あの時報告しなかったの!一報もらえばなんとかなったのに……
ということは多々あります。

もちろん、報告、連絡、相談を適宜行う従業員もいますが、なかなかできない従業員も多いもの。

ホウレンソウを徹底させよう!と意気込む前に、彼らがなぜできないのか、理由をしっかり考えましょう。


ホウレンソウのうち一番プレッシャーがかからないのは連絡です。
受け取った情報をすばやく相手に伝えるだけですから。スピードと正確性がクリアできればそれ程負担はない作業です。

しかし、報告と相談は実施する側に常にリスクが伴います。
自分のやってきたことや考えを否定され、修正を強制されるリスクと、
やってきたことに対して評価されないリスクです。

特にコミュニケーションが苦手で他者との交流を避けがちな従業員は、相手からの些細な一言に過敏に反応しがちです。
自分の投げかけた言葉で、相手から否定される、もしくはスルーされるのなら黙っていよう、という考えます。

そのため、ホウレンソウを活性化させるには、どんなネガティブな報告や相談をしてもリスクがない、ということを従業員に理解してもらうことから始めたいものです。

報告を受けたあと、まずは肯定的なコメントを投げかけて、そのあと検討すべき箇所について質問します。あるいはこうしたらもっとよくなるんじゃないかしら、という提案です。
伝えていることは従業員への否定と同じですが、言い回しを変えるだけで全く受け取る印象が異なります。

この辺りの話法はコーチングなどで頻出する基本的なものですが、忙しさのあまり丁寧な言い回しができなくなりがち。

しかし、報告がされずに発生する事故やクレームの負担を考えれば、普段からの心がけは大切と言えます。