· 

フタができるとき

先日、ほぼ同じ時期にコンサルタントとしてフリーになった方々と飲んでいて(だから10年近くやってるメンバー)、今の悩みとか考えとかを忌憚なく話せたのです、久しぶりに。

 

 

10年近くこの仕事をやっていると、業界の重鎮というか、大御所というかそんな立ち位置になるんですよね。途中で脱落する人が大勢いるわけですから、ある意味生存しているということだけで、素晴らしいことなのかもしれません。

(こちらは目の前の仕事を一生懸命にやってきただけなんですが。)

 

そして、年々、後進の育成を行う機会が増えてきています。自分の仕事の領域を増やすための活動ですから必須ですが。こうなるとどうしても同じ関係にはなれません。上下関係です。

この状態は、自分を批判する人は激減しますし、皆さん礼をもって接してくれますので、居心地がいいんです。

 

こうなった瞬間に自分にフタができます。その場に安住するのです。

居心地がいいので、どこか自分が天狗になっている、そう感じるときがあります。

フタができると、それ以上は先に伸びません。水平飛行を保ち、どこかで下降を始めます。

 

だから、自分と同じレベルのコンサルタントや、自分より優れた方々(経営者でもコンサルタントでも)との接点は非常に大切です。切磋琢磨しながら、場合によっては批判を受けながら、フタを取り除かなくては、と考えています。

 

 

だから、特に同業者のコンサルタントとか講師と呼ばれる方は気を付けてほしいのです。

「先生」と呼ばれることに慣れないで。