· 

スタートアップは絞れない


強みを先鋭化させる、業務を絞ることが、事業拡大において大切です。
当社の同業者にも、事業領域を絞ったことで、大活躍している方も大勢います。

が、頭でわかっていてもなかなかできないんですよね。

ホームページはいろんな事業で百花繚乱!とか。

お店の看板は、和み空間、とか、みんなが集まる居酒屋、とか。

きた仕事は断らずになんでも受けるとか。


収入の確保を考えると不安で仕方ないのです。
なので、ふわっとした訴求になりがちです。

面白いことに、本人より側から見ている第三者の方が分かっていたりしますね。
それだけ、スタートアップは余裕がないのです。

一方でスタートアップの時に絞り込む方もいるわけでして。
割としっかりマーケティングを学んだ方に多いのですが。

問題は絞りすぎて、あ、これじゃない、と分かった時のリカバリーが大変なこと。
はじめに絞り込みすぎて、なかなか変えられないんですね。コアなファンはつくのですが、ニッチすぎて客数が増やせられない。

結局は、ふわっとしたアピールでも、絞り込んだストアコンセプトでも、やってみなければ分からないわけで、オープンしてから半年間は修正が求められる、ということです。

しかし、一つ言えるのは、事業領域は絞り込む。これに尽きるのです。