· 

情報収集のやり方 ご縁のつながり方


事業者の方と相談していると、こんな質問を受けることがあります。

どうやって情報収集をしているのですか?

どうやって見込み客と会えるんですか?


答えは、
今、自分が問題に思っていることについて、とことん考えたり、
ターゲットについて、普段の生活の中で頭の片隅においていることで、自然に有益な情報がキャッチできるようになる、
何かの出来事をきっかけに策を思いつく、ということです。


グーグル検索のマニアックなやり方とか、効果的なフェイスブックの運用とか、テクニカルな話ではなくてすみません汗


怖いのは、このような質問をする方は現時点で経営者としての資質が今ひとつ、ということ。

問題と感じても、そのままフタして考えていないのです。
常に問題を捉えて解決していくのが経営者の仕事の一つです。

また、問題と感じてなんとか解決しようと、自ら努力したことが少ないのでしょう。日々の生活に流されたまま。
チコちゃんに叱られるケースですね。

プラス聞けば分かるよね、という他力本願も見え隠れします。


ただし、あくまで現時点で、です。
ご本人に変わりたいという意識があれば、コンサルタントですので、あれこれ策を使ってその思考回路を抜け出せるようにしていくのです。