· 

毎日手書きで記録する

先日、コンサル仲間の六角先生のブログでご紹介があった、日報コンサルの中司 祉岐先生のセミナーを受講してきました。
手書きで日報を書くこと、
朝、予定を買いて、日中は気が付いた点をちょこちょこ書いて、夜は7分間で振り返ること
という話をきいて、さっそく実践しております。

当初はエクセルでフォーマットを作って印刷したのですが、だいぶ書き方に慣れた今は二トムズのエディターズシリーズ365デイズノートで代用しております。


会社員の頃に日報を書いていましたが、それはそれはもう嫌で嫌で。
日報なければ1時間は早く帰れるのに!と半泣きしながらパソコンに向かっていましたねぇ。

そして、提出する上司もいないのですが、あらためて日報をつけて色んなことがクリアになりました。

1.手書きなので毎日予定を書かなくてはならない
書き溜めができないんです。毎日予定やToDoを書き込むんです。なので、自然と優先順位とか意識づけが進みます。


2.手書きなので毎日売上実績と目標を書かなければならない
自然と目標に達成するためには、この金額であと何件受注するのか?ということにつながります。
当然受注するためにどうするのか、という行動につながります。特に単価が低い仕事は避けるようになります。


3.手書きで今日の振り返り
今日の出来事、気がついたこと、とにかく書き込みます。一週間日報つけて見直してたところ、数日前のことも覚えてないということがわかりました。顧客のほんのちょっとしたことも書き込めるので、記憶が定着します。さらにこんな対応をしたら相手からこんなことを言われた、というのも残る。。。これはビジネスのヒントに他なりません。


日報というより、日記になってますが苦笑

ポイントは手書き。
手書きで毎日書くこと、手を動かしてアウトプットすることで脳の活性化につながっているような気がします。

それだけではなく、思考がすっきり整理されて行動も変わることを実感してます。

と言うことで、皆さまもお試しを。