· 

ツイッターのその先に


ツイッターをぽちぽちと眺めています。
このブログもツイッターで投稿していますが、反響はフェイスブックの方が大きいですね。リアルな友人がフェイスブックに多いからですね。


ツイッターのフォロワー伸ばすためには、

一日中、何十ツイートも発信して、いいね!とかリツイートを押してもらい、フォロワーと絡み、絡まれる、ということをやり続けることです。

一方、フェイスブックで1日いくつも情報発信を行うのは周りから「またかよ!」とげんなりされます。


非常に気になっているのが、フォロワー数1000人超えた!10000人超えた!!と成果を叫んだその先に、何があるのかまっったくわからない方が多いんです。
プロフや過去のツイートを追って何してる人、と調べてますが、うーん、何者……??
たぶんアフィリエイト目的だとは思うんですけどね。



何か事業をやっていてその宣伝とか、良い人を採用するとかなら目的が明確です。
特に経営者、フリーランスは自分メディアは持っておいた方が良い。


しかし、今までお会いしたことがない方と会いたい、人脈を広げたい、という目的でツイッターの利用はちょっと待って、といいたい。

さらに、そのためにものすごい時間をかけて一日中ツイートしようとするのは…………


というのも、

たくさんのリプありがとうございます!忙しくてなかなかお返事できなくてごめんなさい!!

という投稿を先日拝見しまして。

前後の投稿からツイッターでとにかく投稿する、フォロワーにリプすることを高い優先順位にしているとしか思えない方だったのです。

 
ツイッターのお返事は後からでいいんです!!
目の前のお客様とか仕事に集中してほしい。


たしかにツイッターで出会いの場につながることは多々あります。様々な意見を聞けてなるほど!と感じることもあります。

しかし、ツイッターありきだと思わないで欲しいのです。
ツイッターの向こうのフォロワーよりも、目の前の方々を大事にしてほしいし、リソースをかけてほしいのです。

そして、現実にちょっと疲れたらツイッターで息抜き、くらいが一番ちょうどいいのではないでしょうか。