· 

個人のリーダーシップが発揮されないわけ

 

リーダーシップが発揮されないというブログを書いて、えらく反響を呼んでいるわけですが、その続きです。

 

なんで、「中小企業診断士」なんて国家資格を持つ会社員がリーダーシップを発揮できないのか。

 

  

組織の中で上司から指示を受けて自分の役割を果たすときは、その組織ごとに「必勝パターン」を身につけている方が多いのです。

例えば、この仕事を通すときには、あの上司に報告したほうが何かと都合がいいな、とか

あの上司は報告のやり方をこのように注意したほうがいいな、とか。

些細な行動が組織で働くためにはとても大事で、それを新卒の頃から自然と身につけています。

  

ちなみに場の空気を読めずに「必勝パターン」が身につけられない方や、「必勝パターン」がもう嫌になった方々は早々に転職したり、フリーランスになります。

 

  

さて、忙しい業務に中小企業診断士なんて国家資格を取るような方々は、勉強する時間を捻出するために「必勝パターン」で仕事の時間をセーブしていらっしゃるんです。

 

 

そして中小企業診断士になり、意気揚々と会社外の全く見知らぬ同士でのプロジェクトに参画します。当然のことながら、会社とは勝手が違う。皆さん出身背景が違うので、思考も異なります。

相手と立場とか思惑とかまったく想定がつかずに混乱するわけです。

 

 

若手の方は、自分のこれまでの経験にない新たな場に出されて戸惑います。しかも周りは自分より年上ですから、あたかも新卒の社員のようにおっかなびっくりになりがちです。

ただし、若手の場合は、年長者に「甘える」という特権が使えますし、周りも若いから頑張れ!と面倒を見てくれます。

だから、多少失敗しても元気で前向き!であれば自然と成長するんですよね。

ただし、おっかなびっくりで何もしないと、本当に忘れ去られます。

 

 

30代後半から40代になると。長年のビジネス経験をもとにその場対応で何とか乗り切ります。

中間管理職だったり、中堅だったりで一番活躍できるとき。経験をもとに柔軟に対応できる方が多いのが特徴。

ただし、これは出身の組織、さらには業種業態による差が一番現れます。「お堅い」と呼ばれる業種や団体の方の場合は、できるだけ責任を回避しようとしてきます。

 

 

さて、50代後半のシニア層。この方々は真っ二つに分かれます。

本当に組織をダイナミックに動かしていた方は強烈な圧力で周りを仕切っていきます。周りは息苦しさを感じる場合がありますが、これはこれでリーダーシップの一つ。やり手であり、中小企業診断士に限らず、他団体を巻き込んでいきます。ただし、これができる方は同年代の方が10名いて1名いるかどうか。

 

ほとんどは、とにかく責任が伴うようなことに手を突っ込まない。ある程度言われたことが終わったらそれ以上はやりません。作業をおこなってくれるならまだしも、評論家に終始してしまう残念な方もいらっしゃる。

結局、以前の会社内でリーダーであっても、組織ごとの「必勝パターン」のもとに成立したリーダー。だから会社外の人間には全く通用しないことが多いんです。

特に強烈な組織文化を作っている老舗グループ会社は要注意。やはり外から見て独特な文化なのです。