· 

補助金採択決まった会社は注意。税金を払いたくない心理


私事ですが、コンサルタントとして開業して、まあ順当に仕事が来て、売上がのびてくるわけですが、一人でやってますからそれほど費用はかからないんですよね。

そして、決算後の税金支払いでギョッとするわけですね。一気にウン十万円。期日までに支払い。お金がないわけではないけど、精神的にこれはキツイ。

税金を払いたくないので、あちこちで支出するんですね。これが税金対策だーということです。


この心理は、今回、採択の発表があったものづくり補助金の会社にも当てはまります。
補助金って営業外費用にまるっと計上されます。
来年の3月までには入金がありますからね。

その前にもちろん設備投資のキャッシュアウトはあります。が、一括償却できればいいのですが、そうではない限り、数年とかにわたり減価償却。

お金はないけど、利益は出てる、という状態になるわけです。
(なお、繰越欠損金が多額に残ってます、という会社もあるので、すべての会社が法人税を払うとは限らないのですが)


法人税、払いたくない!ということで、余裕のある会社は、中古の高級車を購入したり、急にお金の使い方が派手になるのはあるある話。


問題は会社の業績が落ち込んだとき。
お金の使いっぷりを改めるのはなかなかできないんですね。ついつい使うクセがついています。

そして、税金を払いたくない一心でお金を使ってきたから、手元の現金は残ってないことが多い。


ということで、税金を払って手元にお金を残すのか?
税金を払いたくない!という短期的な目線で湯水のようにお金を使うのか。


という分岐点が、補助金であらわれるのです。