· 

社長は見られている


社長が本気だと、従業員は必ずしも後から付いてくる、とは限りません。
      
特に無口な社長や従業員とコミュニケーションを普段から取っていない社長は要注意。
       
ほんとは従業員のことをきちんと考えている。
でも従業員には伝わっていないんですよね。
だから不満が出てきたり、無気力になったりするわけです。


また、社長が従業員に対しておっかなびっくりになっていることがあります。
あ、おっかなびっくりは外部から見てです。当の社長はハッキリとそう感じていないことが多い。
  
従業員に対してそれなりの待遇はしていても、なんとなく後ずさり、遠慮している。そして現場に入ってこない。
従業員は仕事を任されてイキイキ働いているかというと、どうも雰囲気が澱んでいるんです。


結局、社長の思いはなかなか伝わらないのですが、ネガティブな雰囲気は従業員は感じ取るんですね。それが組織に伝播する。

中小企業は社長次第、というのはそんなことが原因なんです。