· 

使途不明金を発生させない


それなりの会社規模になるとお金のやりとりが増えてきます。
従業員も増えてそれなりの規模になると、お金の出し入れは全て社長が追うことは難しくなってきます。

そして、先日お会いした建設業の社長のことば。

使途不明金は絶対出さない!

いくらのお金が何のために支払われたのか、把握できるようにしている。

ということなんですね。

特に建設業は多額の資金を数多くの取引先とやりとりする業種。
割と高度な資金管理が求められます。

が、使途不明金をなくす
つまり、社長がすべてのお金の中身を把握できることで、お金の流れがクリアになります。
ムダがどこから生まれているのか、すぐにわかり手立てを打つことができるのです。


しかし、残念ながら経理がブラックボックスになっていて、社長も管理しきれていない会社は多いのです。
儲かって余裕があれば、それでも回せたのですが、売上が激減とか、売掛金の回収不能とか何かの事故でつまづくリスクが高まります。