· 

辞めたい従業員には二種類あります


人手不足で、採用もなかなかおぼつかない中で、困るのが辞めると言い出す社員。

いくら引き止めても無理だった、という過去の経験から引き止めない経営者は多いものです。


が、辞めると言い出す従業員は、本当に辞めたい方と、本音はまだ未練が残ってる方の二種類いらっしゃいます。

「辞めないで」面談を私がする場合がありますが、辞められるととても困る、ということを伝えて、相手の本音を引き出したうえで、辞めないための打開策を共に考える、というプロセスを経ると、辞めないことがあるのです。


ここで大切なのは、辞めないでほしい、とても困る!という気持ちをつよく経営者が伝えること。
どんなに優秀でも、あっさり辞めることを承認すると、本人の辞めたいモードは加速します。それだけではなく、他の従業員があまり良い印象を持ちません。


一番ベストなのは、後腐れなく、辞めてからも年に一回くらいは飲みに行けるくらいの関係を保持できること。
辞めてから、外注先だったり得意先だったりでお役に立つケースも増えていますから。