· 

仕事を抱え込む社員


仕事を抱え込む社員がいらっしゃいます。
抱え込むあまり、この方がボトルネックとなり業務全体が進まない、という残念なケースも多々ありまして。


さて、抱え込む理由なのですが、面談をしてあれこれご本人から伺うと、

他の人に頼むのに心理的な壁があるから、というのと

仕事を抱え込むことで自分の車内における存在意義になっているから

の二つが見受けられます。

問題は後者で、私の元に相談されるのは後者が原因なことが多いのです。

仕事そのものはできるので、会社としても戦力になっている。

お願いされることを嬉しく思い、もう仕事がパツパツなのにやってくれる。

ただ、仕事があふれていて、緊急ではないけど重要なことが後回しとなり、その場対応を片付ける、ということになりがち。

そして、仕事を抱えている本人が、会社に対して大きな不満を持っていて、周りに悪影響をあたえてしまうケースが多いのです。

もし、無理にでも仕事を減らすと、ご本人のモチベーションが下がるので、うかつに効率化はできません。


コンサルで入った場合、ここまでやらなくても十分だし、会社にとって大切な人材なんですよ、というサインを送りながら、ご本人の気持ちが落ち着く場所を探し出していく、という作業が続きます。

とても真面目で、不器用なんです。
しっかりと受け止めることが必要なんです。

プラスベストなのは次のステップが用意できるか。
その仕事を他の方に引き継いで、新しいことにチャレンジしてもらう位置をつくる。キャリア形成と言われますが、本質はこのようなことではないでしょうか。