· 

経営者の些細な一言で不満が加速します


従業員の方とヒアリングをして、本音を引き出すということを行なっております。

そこで多いのが、社長の本の些細な一言が不満が出てくるきっかけになるということ。

例えば、
○○さんなら大丈夫でしょう

これくらいどうってことないよね

(割と重大と思われる報告の後で)あっ、そうなんだ


挙げていくとキリがありませんが、このセリフ、話した本人は大抵忘れております。
えっ、そんなこと言ったっけ??

ですが、社長ご本人も気にしていない些細な一言で、潜在化していた不満が爆発することはよくあるのです。

その場で、その言い方はなんですか!?と怒り出す方もいれば、我慢して眠れず、私のようなコンサルタントに相談される方もいらっしゃいます。

ちなみに前者の場合、その場にいたほかの従業員は、えー、なんであれくらいのことで怒鳴ってるの??と考えてしまい、怒鳴ってしまった従業員を遠ざけるというのはよくある話。
キレてしまった方が負けなのです。


そしてほとんどが社長や会社に対してなんらかの不満を抱いていて、些細な一言が決定的な不信に変わるのです。
また、些細な一言は、些細だからこそ本音が滲み出てしまうという側面もあります。

普段から従業員への配慮は忘れずに持ってほしいのです。