· 

銀行員との付き合い方 地銀と信金の違いとか


銀行から融資を受けていると、担当者がつきますが、ちょっと頭に入れて欲しいことがあります。


まず、社長の言っていることはメモに逐一とってます。ボイスレコーダーは流石にないと思いますが。
そして、何を書いたかは絶対見せてくれません。
後日の打ち合わせで、先日こんなこと社長おっしゃっていましたよね……、と切り返されるケースがあります。
  
   
二つ目は最終決断を下さない。というか下せないのです。
融資は担当者が稟議書などを書いて、支店長、本部と各部署の承認を取り始めて決定します。
ちなみに地銀とか信金・信組だと保証協会の審査がプラスになります(公庫の方が回答が早いのは保証協会の審査がないからですね)
 
どこでNGが出るのかわからないので、融資担当者も迂闊なことはなかなか言えないのです。

で、代わりにすぐに決定できない言い訳を並べる方がよくあるケース。もし担当者が言い訳を始めたら、なるほど決済もあるから大変ですよねー、なんて一言ねぎらってあげてください。
それだけで担当者の心証がアップします。
さらに長い言い訳を聴く時間が短縮されます。
  
なお、ホントに書類を揃えるのが大変らしい。
せっかく揃えても、書類が足りないとか、会社の財務内容で今ひとつな箇所を指摘されて、融資回答ゼロとか減額なんてことはママあります。
 
 
そしてもう一つ。
こんなにお金を借りているのに、担当者が冷たい、サービスが悪いと怒ったら負けです。
  
数千万円の融資残高は、地銀にとってみれば数多く存在する顧客のうちの一人に過ぎないのです、残念ですが。
メガバンクは億超えないとそもそも相手をしません。
 
信金・信組は、地銀より規模が小さい分、対応は変わってくる、というのが現場での直感です。
担当者も一生懸命なのです。


では、信金がベストチョイスなのか、というとそういうわけでもないので、その辺はまた改めてブログに書きたいと思います。