· 

創業融資 公庫から借りるか銀行から借りるか


事業を立ち上げて、融資を受けるのなら、日本政策金融公庫か街の金融機関(地銀とか信金とか)のどちらかを検討することになります。

で、どちらが借りやすいですか?というと公庫。
金融機関の場合は、各都道府県の信用保証協会の審査も入るわけでその分時間を要するのです。
その点、公庫は書類が揃っていて創業計画を作り込めばするっと貸してくれます。

信用保証協会?という方も多いかもなので補足。
基本的に金融機関がお金を貸すときには担保を設定します。
ものすごく業績が良い会社は無担保(プロパーと言います)で貸してくれます。
が、そうなると担保になるような資産はない、しかもこれから創業という方は、お金を借りることができなくなります。
  
そこで、信用保証協会が登場。
まあ、この事業計画ならお金を貸しても返してくれるでしょう!と審査した会社の保証人になってくれます。
つまり、会社が返せなくなったり倒産した場合は、保証協会から銀行に融資残高を立て替えるという仕組みです。

ただし、タダでは立て替えてくれない。
毎月保証料の支払いが発生します。
金融機関への金利支払いも別にありますので、公庫と比べると、ちょっと利息が割高になるのです。


しかし公庫で借りた場合の残念なところが、担当者がつかず、フォローはほとんど行いません。
一方の金融機関なら営業担当がついてくれます。
会社の業績が良かったり、熱心な担当者がつくと、補助金の情報とか、融資以外のご提案を持ってきてくれる場合があります。

さらにこの数年、信用保証協会が専門家派遣の制度を充実しています。  
そのため金融機関からの借り入れの場合、中小企業診断士などのコンサルが無料で派遣されて来る場合があります。
(都道府県によって運用が異なるとか派遣の条件があるので要注意)

ということでどちらから借りるにせよ一長一短があるのです。


あ、金融機関についても。
創業融資はメガバンクはまずお断りされます。

地銀は受け入れてくれるところとそうではないところがあります(関西系の某地銀はなかなかのしぶちんという噂が……)

都銀もハードルが高いので、都内の方は信金か信組でしょうね。

信用金庫や信用組合はまずまず受け付けてくれます。が、特に地方の場合は初めて入った時に、「なに?この人」という目線を送られて凹む場合があります。それだけ地元密着だからこそ、なのですが……


それと店舗など、割と多額の場合は公庫と金融機関との協調融資という方法を勧められる場合があります。

どこから借りるのかはケースバイケースですので、これがベストとは言い切れません。
ですが、借りられるときに借りた方がいいというのは言うまでもありません。