noteでモヤった価格のつけ方

 

noteを始めてみました。このブログと並行して。

 

テーマは「中小企業診断士としてそこそこ食べていけるためのノウハウ」

というものに絞っております。

そして第一弾が「独立して仕事が来ない人の特徴」という、どストレートなタイトルです。

 

 

先日、講師派遣会社を経営している友人と飲んでいて、ダメな講師について批判したいけどできない、(講師の不興を買うと”売り物”がなくなるから)という話題になり。

 

あー、それなら私が書いてもいいんだわあ、と思った次第なのです。

 

もともと研修講師派遣の会社に勤務して、中小企業診断士としてフリーになり、某協会に所属して獲得した案件を他の中小企業診断士たちにアサインしたり、紹介する経験はやたら豊富な私。

 

ということであらゆる中小企業診断士を見ているのです。まあ、ドロドロとしたところも含めて書いてみようかと。

 

あまりにもニッチな業界だからこそ面白いかもなあ、という考えもあります。

 

で、単に情報の垂れ流しでは面白くないし、

こんなコンテンツで書けるのはごく少ないだろうなあと考えて、有料にしました。

 

問題はいくらにするべきか。

 

最初はマガジン月額購読で1000円というのを考えていましたが、毎月決まった本数を、適切なタイミングでアップしなければなりません。

今の自分の仕事量を考えると無理があるなあととどまります。ついでに月額購読だとnoteはプレミアム会員になる必要があるのです。

 

さて、読み切りにした場合。

1本500円なら10名に読んでもらって5,000円。うん、悪くない、と思っていたのですが。

ふと気が付いたのが

ツイッターにマンガ家が無料で自分の作品をアップしているんですよね。

中には非常にレベルが高いのもありまして。

 

特にこの魚乃目三太さんのレベルは高いです。

毎回、泣けます。

数日、もしかしたら数週間、手間ひまがかかるマンガを無料で配信している作家さんが多いのです。もちろん広告宣伝という意味合いもあり、ツイッターでバズったら商業誌に掲載するというもくろみはありますが。

それでも、500円はちょっと値段高いかな、と。

 

 

その一方で、プロコン塾と呼ばれる独立したい人向けの研修は10万円ほどの価格で販売しています。

それと比べると500円でもはるかに安いなと考える自分もいまして。

 

値段のつけ方って本当に難しい・・・。

 

で、「これくらいなら、まあ今一つでも惜しくない値段だよね」と気軽~~~に思ってくれそうな価格設定で200円にしました。

 

 

 

 

アップした瞬間、いきなり売れましたよ・・・

定年退職後に独立して活躍するシニア診断士の特徴」というテーマも立て続けにアップして2日間で売上2000円なり(ありがとうございます) 

 

それどころか、診断士ではない経営者友人から電話が入りまして、どうもツボにはまったらしい。

そうか、「独立診断士」にカテゴリーを絞ることで、より注目されるということね。

マーケティングの基本である「ターゲットを絞る!」の効果を実感しております。

 

 

ということで、仕事のかたわらでぽつぽつとアップしていく予定です。