· 

銀行を立てる 上下意識と横並びについて


金融機関は他行との順位とか格付けに非常に敏感です。

もし、複数の金融機関から借り入れをする場合、できるだけ借り入れ残高が最も大きなメインバンクの面子を立てましょう。
他の金融機関から借りてもいいのですが、残高や担保はメインバンク優先で。

他の金融機関から、残高順位をひっくり返すような提案を受けても、うかうかと乗らないことをお勧めします。


例えば、先代から付き合っていた信金とか信組があるのですが、大型設備投資の時に地銀からの金利お安いですよー攻撃につられてひっくり返すというケース。
このパターンの場合、会社が厳しい状況になったら地銀がリスケだけ行い、そのまま放置してしまうことはよくあります。

もともとの信金や信組は会社になんとかフォローしたくて仕方ないのですが、すでに会社のサブメインの位置付けですし、相手のメインバンクは格上の地銀ですから、なかなか思い切った手が打てません。
再生支援のコンサル入れるために各都道府県の再生支援協議会に持ち込みたくても、メインが格上である限り、なかなか動けないのです。

なぜならメインバンクとは会社の業況をしっかりモニタリングするという役割がありますから。会社と二人三脚は借り入れ残高トップの金融機関なのです。


もう一つ。金融機関に対して返済金額の低減、いわゆるリスケを求める場合ですが、横並びが基本です。
残高プロラタと言いますが、返済金額を各金融機関の残高の割合に応じて返済するのです。つまり返済が完了するのがすべての金融機関は同じタイミングになるように調整します。

この銀行の金利が高いから早く返したい!というのはリスケを行なっている以上、できないのです。
こんな時は、全部横並びとなります。

決算書や計画書などの情報提供も同じで、どこか一つの金融機関だけ通知を忘れる、または漏れると担当者から愚痴られます。

という経験から社長に伝えたいのは、借りるならメインバンクと日本政策金融公庫くらいにしておきましょう、ということなのです。