価格をつける怖さは二段階あります


先日、創業予定者の方とお話ししていて、価格をつけるのが怖い、という話になりました。

うん、私もめちゃくちゃ怖いわー、分かるわーーー。と共感しました。
私の場合はコンサルとか研修などの目に見えない、かつ相場が分かりにくいサービスなのでなおさらなのです。
(この辺りは有料noteネタかな……)


というのも価格の設定は二段階の怖さを乗り越えなければならないからです。


一段目は、この価格を提示して顧客から問い合わせが来るのかどうか。反応がなかったらどうしようか、という怖さ。
反応がない原因は実は価格以外にあるのですが、価格が1番比較しやすいので、値段を下げようか、という発想になりがち。


二段目は、見込み客から問い合わせが入り、価格を提示した時に、「高いなー」と言われる怖さ。
そう言われるということは、この商品の価値はそこまでのお金を出すには至らない、ということです。自身への否定にもつながりかねない。

そこで、初心者は受注を取りたい!という誘惑に負けて、その場で値引きをしてしまいます。
いったん値引きをしたら他の顧客にも値下げ価格を提示することになるので、値上げがなかなかできにくくなります。

だから、値下げしたらダメなのです。

結局、乗り越えるためには、高いんだったら他所を当たりな!という強気というか自信と、
何言われても、あっそうですかー、動じない鈍感力が必要となるのです。