· 

溶けてなくなる借入金


創業した時に借りた300万円。
うわっ大金!毎月ちゃんと返さないと(月々5万円くらい)、と身が引き締まる思いですよね。


ところが、一週間も経つと300万円もあるのが当たり前になります。
そして、数ヶ月で銀行の残高は元に戻っていたり、または元々あった残高より少なくなり、支払いが厳しい状態に。


あれ、何に使ったのかな〜??


派手に使った記憶はないのですが、なぜかなくなる300万円。

会社によっては3,000万円が淡雪のように溶けてなくなります。


会社のお金と生活費を明確に分けていない会社の場合は、社長の子供の学校への入学金に使われたりすることもあるある話です。


設備だけではなく、運転資金も含め、本来は事業のためにつかうのが借入金。


とにかくお金が足りないから、で借りるのではなく、「ご利用は計画的に」