· 

底を見て復活した会社の共通点

一度経営危機に陥り、立て直した会社の共通点があります。


一つはお金の流れを社長本人がわかっているか。
税理士や経理担当者に任せっぱなしにしているのは論外。
試算表も翌月には出てくる状況を作っているのか。
この状況にするためには、会社のお金の動きをいつも監視してまとめる仕組みが必要となります。


もう一つは従業員との関係性。
社長も従業員を信じていて、従業員も社長を信頼しているかどうか。

関係性がしっかりしていない会社で従業員面談を行うと社長への批判が噴き出すのです。、
もはや愚痴の許容範囲を超えている。

この状況では社長が方針を打ち出しても皆さんついていけません。


そして、どちらかひとつができていてもダメで、両方ともできていないと会社の立て直しは難しいのです。