· 

有り金は全部使ったほうがいい?

堀江貴文氏の「有り金は全部使え」読了しました。

平易な文章ですので、わりとさくさく読めます。

 

お金を使って体験を積み重ねる、他の人を幸福にすることで信頼が上がって人生が豊かになるから、貯めずに使おう、もてる時間を自分のやりたいことに費やそう、というのが大まかな内容です。

 

この方の著作や発言の関するTwitterの投稿が多いため、「有り金は全部使え」で検索して眺めておりました。

(こういう世論調査的な使い方ができるのでTwitterは便利)

 

一部の方からは「ホリエモンの言う通りに有り金を全部使ったけど、余計に生活が苦しくなった」という声が聞こえてきそう。

この方、自分自身が何をしたいのか、という軸がなく、目の前の快楽に散在してしまったケース。結局堀江氏に依存しているのですよね。

堀江氏はお金を単に散在しているわけではないことは本書を読めばよく分かるのですが…。

 

 

それと、ほとんど貯金をしないで手もとのお金を使うのは、よほど精神的にタフではないとできない話です。

今はお金がないけど、何とかなる、それよりも今の経験を目いっぱい楽しみたい!という考え、およびそれができる環境(家族がいない、組織に従属していない環境)がないと実現できません。

 

 

堀江氏のようにタフで、完全に自己責任を果たす環境を整えない限り、読み手の日本人がこれを実行するのは難しいのです。

 

 

また、貯金をするなという話もありますが、お金がないと精神的に追い詰められるのがほとんどの日本人。

お金がないと正常な判断もできません。例えば、怪しげなビジネスに手をだしたり、高金利でお金を借りたりするわけでして。

 

 

ただし、無駄に貯めるよりは、自分への投資や経験に使うのは理にかなっています。

何かと刺激的な本ですがうまくエッセンスを抜き取り、自身に役に立ててもらえればと思うわけです。