· 

業績不振の時は新たなことに取組みたくなる

売上がおぼつかないので何とか変えないと!と焦ってしまうお気持ちはよくわかります。

 

そして、新たなことに取り組む方がとても多いのです。

 

ウェブサイトを変えるとか、提供メニューやサービスを変えるとか、全くの新規ビジネスにチャレンジするとか

(新規ビジネスでは新たにFCに加盟する、というのがあるある)

 

あれもこれもやらないと!と気持ちばかりが焦り、結局何もできずに消耗するだけならいいのですが

わずかなお金を突っ込んで、結局何にもならない、というのが最悪なパターンです

 

このようなときはまずは資金繰りの確認からはじめて、余計な支出を抑えて、手もとにお金をのこすことから。

銀行からの借入があるのなら、毎月の返済金額を見直すという手段もあります。

 

そして、自身の事業の中で利益が上がっていないこと、やたらとお金や稼働がかかっていることをリストラする、が正解です。

 

結局、普段からやり慣れていないことを初めても、継続しないし、何もできません。

 

そしてもう一つ。

業績不振で特に資金繰りが厳しい場合は、いつものような冷静な判断はできていないと思ったほうがいいのです。

 

それであればなおさら新しいことには取り組まないほうがいいのです。