· 

銀行の借金を返す社長と返さない社長たち

 

 

何年も前から政府が創業支援を促進していまして、創業時の借り入れが10年前と比べて格段に借りやすくなっています。

創業スクールでは、私も言っています。

一番お金を借りやすいのは、事業を始める前です!

 

10年前はハードル高かったんですけどね。

今は、10年前ならぜっっっっっっったいに融資しなかったであろう会社に貸しているケースもあります。

(コンサルの私ですら、え、ホントに借りれたの!?とびっくりするレベルだったり)

 

 

ところが、スタートアップして間もない会社の社長たちは、どうにもうまくいかずに、直ぐにギブアップするケースが頻発しています。

 

金融機関側も返済してくれないのは非常に困っています。

創業社長と面談したあと、「あの社長は1年で返せないといってくるタイプだな」とビジネスモデルや計画書とは関係なく品定めしていたりしています。

 

あ、金融機関全員ではないですよ、創業者をフォローしたいという高い意欲をお持ちの方もいらっしゃいますから。

 

とはいえ創業して数年以内の「事故」が多いというのは事実です。

 

 

一方で、創業して10年以上たつとか、先代から引き継いだなど、長年続いている会社は違います。

 

自らが借りた借金に対して「早く返済したい」という強い意思があるのです。

借入金の重さを十分に分かっているのです。

 

資金繰りの状況から、もう少し元本少なめでどうですか?と勧めたり、どうしても先行きが見込めない場合は、倒産を勧めることもあります。

 

が、それでもやめない。なんとか返そうと頑張ります。

 

 

会社が続くか続かないかの分かれ目の一つとして、

「借りたお金は返さなければいけない!」に代表されるような信念や責任感の強さでは、と私は考えています。

 

早い段階で返済しなくてもいいとか、破産してしまえばいいや、と言ってしまう社長は残念ながらそれまでの方なのですね。