· 

大事なことも一晩寝たらたいてい忘れてます

いつもの繰り返しの仕事でも、やっている間に

 

「あ、こうしたらもっときれいにできるな」

 

「あの人にはこんな内容で返信したほうが喜ばれるかな」

 

とか、何かと気づくことがあります。

 

これらの積み重ねが、仕事の改善につながり、レベルアップにつながります。

 

会社単位であれば、着実な利益に結び付く作業です。

 

 

ただし、将来の利益に結び付くその思い付きは、1時間もすればたいてい忘れてしまいます。

 

これは素晴らしいアイディアだから、覚えておこう!と思っても、そのあと顧客対応なんて入ったら忘れます。

 

お酒飲んで一晩寝たら、8割は忘れています。

 

利益につながるアイディアがどんどん忘れ去られていくのです。なんてもったいない!

 

そして、2週間くらいたって、また同じことを思いついて、「あっ、いいアイディア!」

 

進歩しないんですよ。

 

 

 

だから、気が付いたら手持ちのノートとか手帳に書き記すのが大切なのです。

 

ちゃんとした文章である必要はなくて、自分の記憶を呼び覚ますことができれば単語の羅列でもOK。

 

書き記すだけで脳みそに記憶を定着することができますし、次の作業に改善点を盛り込もうと試行錯誤するでしょう。

 

 

私は、この一連の流れを「日報」ということでコンサルティングのツールに使っています。

 

1か月も続けていれば、何かしらの行動に変化が見えてきますし、

 

3か月やっていれば、明らかに改善に向かいます。思考も前向きになってきます。

 

 

たった1か月続けられるかどうかで、会社の得る利益が大きく変わってくるのです。

 

 

日報を盛り込んだコンサルティングはこちらでご紹介しています。