· 

倒産をお勧めするとき

資金繰りが大変な会社を支援しておりますが、残念ながら倒産をお勧めする場合があります。

 

なお、この場合、お金があれば弁護士を紹介しますし、お金がない会社の場合は無料の法律相談をお知らせします。

倒産するにも数百万円のお金がかかるんです

 

 

ホントはこんなこと軽々しくお勧めしちゃいけない。

 

 

なんとかきびしい時を乗り越えて、立ち直ってほしいと思います。

 

が、見ていられなくなるときがあるのです・・・

 

 

会社の決算書を10年分眺めたうえで、社長とお話しして、何とか解決の道を探ろうとします。

ほとんどの場合はお話しする中にヒントを見つけて、それをきっかけに未来へとつなげていきます。

 

そのちょっとしたヒントから将来像を「計画」とカタチに落とし込むのが私の仕事です。

 

 

ただ、どんなに話してもそのヒントが見つからない場合があります。

 

 

というか、社長からヒントとなるワードが聞こえない。

 

なぜならお金の支払いしか考えていないし、思考や行動もそこにとどまっているから。

 

この時点で社長は悲壮感が漂っています。

 

社長の精神状態がどん底の時に、前向きのことを伝えても動かないし、私を含めて周りからの励ましの言葉がとどかない。

 

 

 

というような状況と判断したときに、「もし倒産したらどうなるか」という話をします。

 

たしかにこれまでの積み上げてきた財産や信用はなくなる。

 

ただ、積み上げてきたもので、毎日あまりにも苦しい思いをするのなら、手放すという手もあるのです。