· 

トンデモ価格で顧客を引き寄せるという会社

コロナ騒動のはなし。

 

顧客の減少で悩む飲食店の社長からこんな企画はどうかな、と相談されました。

 

「普段5000円のコースを500円にして、とにかくお客を集めたい」

 

「これくらいインパクトがなければ、お客はなかなか来ない」

 

現場はこんなに大変なんだ、ということを国のトップにわかってもらいたい

 

 

コネを使ってメディアにはすでにお話しされていて、3日後に取材が入るそうです。

 

 

たしかにSNSであっという間に拡散されそうな話題ですね。

 

ただしこの対策はデメリットが多すぎます。

 

まず一つ目は、顧客が殺到した場合は従業員の対応が大変になるのは目に見えている。

ただし利益にはつながらず、余計なお金が出るだけ。

 

これ、顧客が全く来ない場合も同じで、従業員の人件費や食材の購入で余計な出費が出ます。

 

 

もう一つは、SNSで投稿されるリスクです。

 

「この程度で500円かよ!」と書かれた場合は、コロナ騒ぎが収まっても顧客はまず来ないでしょうし。

 

「500円でこんなに!すごい!!」と大絶賛された場合には、従業員のほぼ無償に近い労働が待っています。

 

さらに、せっかく味やサービスで勝負してきたこれまでの蓄積を打ち崩すことになるのです。

 

 

顧客が来ない、受注がキャンセルになったということで、格安プランを打ち上げたり、

普段は絶対に受けない低価格の受注に飛びつきたくなる心理は社長であれば皆さん同じです。

 

 

ですが、この行動でこれまでの努力が水の泡になりかねないのです。

 

結局、この社長には上記のことを伝えて、店舗の休業という策をとり、ひたすら資金確保を行うということになりました。

 

 

 

コロナウイルスの資金繰り対策相談は「お試しコンサルティング」で承ります。