· 

社長とは従業員に対する究極のサービス業 かもしれない

どの経営者も人とお金について悩んでいます。

 

 

いや、好調な会社はお金には困っていないですね。働く従業員に対して何かしら悩みを抱えています。

 

そして経営が厳しい会社はお金に困っていますし、従業員についても問題を抱えているケースが多い。

 

 

なお、よく美談で語られますが、経営が厳しくお金に困っている会社で、従業員が「社長についていきます!」と言ってくるのはレアケース。

 

ほとんどが「金の切れ目が縁の切れ目」と、従業員が退職していきます。

 

 

 

様々な経営者を見ておりますが、社長が従業員たちとどれだけの時間接していて、場合によっては叱り、褒めて、信頼しているのか。

 

その度合いで大きく変わります。

 

どんなに経営者が従業員と一緒に過ごして頑張っている、給与や福利厚生を充実して報いていると思っていても、

 

従業員から「社長、めんどくさい」扱いされるケースもありますので、相手次第という怖さがあります。

 

その怖さを避けずに、真正面から従業員と対峙できるか、相手の想いを聞き取り、尊重できるかどうか。

 

また、スキルがまだおぼつかない社員は自分の子供のように育てていくという覚悟があるか。

 

 

結論として

 

従業員たちにどこまで自身のリソースを注力できるのか、そして、喜んでもらうことができるのか。

 

お客様対応と何ら変わりはありません。

むしろ、一方的にサービスや商品を提供するお客さまよりも、会社のために動いてもらわなければいけないから、従業員の方が大変。

 

これが、社長は従業員に対する究極のサービス業、という理由です。

 

 

この覚悟が備わっていない経営者は人を採用してもすぐに辞めていきますし、従業員のパフォーマンスもあがらないのです。