· 

外出自粛で「打ち合わせ」が激減した結果

 

コロナウイルスで外出自粛となり打ち合わせやリアルな場での対面機会が激減しています。

 

私もその通りで自宅でzoomやメールを利用して打ち合わせを行っています。

 

さて、外出自粛の結果、何が起こるのか。

 

テレワークに移行して初めてこれまでの組織の強さが問われています。

 

 

あるあるなのが、人を集めて何かを行うことが目的になってしまっている形骸的な会議。

経営者とかその周りの意向で、メンバーは、いやいややっていた会議。

 

この状況ですから中止にします。

 

そしてほとんどのメンバーは中止にしたことを受け入れます。

 

zoomでやればいいのに」と思いついても、それは言わない笑

 

もともとの目的が目的なので、このまま2~3回繰り返すと、再開することがバカバカしくなってきます。

 

で、会議はなくなります。

 

 

 

もう一つ、会社の組織力がさらに希薄になるリスクがあるのです。いや、もともと希薄だったのですけどね。

 

どんなに形骸的な会議であったとしても、会議の前後の雑談でちょっとした情報交換をすること。

 

一方的な会議の中で、他のメンバーの様子を観察して、

 

「あ~~、退屈しているな」「あれ、なんだかイラついてない?」

 

と、会話になっていない情報を収集すること。

 

このほんのちょっとした時間でメンバー同士の結びつきが生まれます。

 

ちょっとした時間がこの外出自粛、テレワークでなくなりつつあるのですね。

 

 

チャット機能でー、とか補完できるサービスもあります。

が、勤務時間中にわざわざ雑談でチャットする会社員がどれだけいるでしょうか。

 

 

このような事態なのでテレワークは致し方ない。

 

ただし、対面で仕事をすることに代わる交流の機会を創出する工夫がないと、コロナ騒動が収まったあとに組織力が弱体化するというリスクをはらんでいるのです。

 

そういう意味で「zoom飲み会」は有効かも