お金の流れ

お金の流れ · 19日 10月 2019
創業した時に借りた300万円。 うわっ大金!毎月ちゃんと返さないと(月々5万円くらい)、と身が引き締まる思いですよね。 ところが、一週間も経つと300万円もあるのが当たり前になります。 そして、数ヶ月で銀行の残高は元に戻っていたり、または元々あった残高より少なくなり、支払いが厳しい状態に。 あれ、何に使ったのかな〜??...
お金の流れ · 07日 10月 2019
来月、支払いがかさむのでちょっとお金が足りないなー、ということから安易に銀行からお金を借りる会社は割といらっしゃいまして。 あわせて、ある程度の実績があれば銀行もホイホイ貸してくれます。 当初は創業融資で500万円借りて、利息含めて毎月10万円ほどの返済にビクビクしていたものですが、慣れると足りないから借りようーーという思考になりがち。...
お金の流れ · 03日 10月 2019
消費税が、10パーセントになったことをきっかけに、私のコンサル先も値上げに踏み切っているところが増えてます。 値上げのいいところは、利益はそのままで稼働はぐっと減るところです。...
お金の流れ · 25日 9月 2019
当社のコンサルティング先では台風で被災した会社があります。 施設は保険で賄える場合が多いのですが、やはり休業期間中の売上減少、というよりもゼロという状態はかなり効いています。 で、先日びっくりしたのが、被災した会社に対して、日本政策金融公庫が運転資金の融資をするという話が出ておりまして。たとえリスケ中だとしても。...
お金の流れ · 19日 9月 2019
金融機関は他行との順位とか格付けに非常に敏感です。 もし、複数の金融機関から借り入れをする場合、できるだけ借り入れ残高が最も大きなメインバンクの面子を立てましょう。 他の金融機関から借りてもいいのですが、残高や担保はメインバンク優先で。...
お金の流れ · 09日 9月 2019
2019年9月9日朝です。 関東を直撃した台風で、朝イチの打ち合わせ(銚子方面)と昼過ぎの打ち合わせ(房総方面)の仕事がキャンセルになりました(そりゃそうだ)   で、災害ということで思い出すのが東日本大震災。 当時は都内におり、電車が完全に止まったため帰宅ができなかったことを思い出したり。    ...
お金の流れ · 07日 9月 2019
決算書は流石に作ってありますが、勘定科目の明細がわからないとか 案件ごとに発生した費用がわからない、とか 割とそう言った会社は多いものです。 これは社長が誰が何のために使ったお金なのかを把握していない、ということなんですよね。 かつ、どこまでなら使ってもいいよ(予算のこと)も決めていない。...
お金の流れ · 02日 9月 2019
金融機関から頻繁にお金を借りている会社の中には自社が常に黒字であることをアピールしようとするところがあります。 大概は社長はその辺りのことをあまりご存知ではなく、顧問税理士がそのように勧めるケースが多いのですが。 割と多いのが、減価償却費を少なく計上。 違法ではないですよ。...
お金の流れ · 01日 9月 2019
今こそ全ての社長に問います。 借りたお金はなんとかして返さないと……と自分の生活費を我慢するやら、 両親の老後の蓄えを借りてなんとか当月をしのごうとする、などと我慢する社長のなんと多いことか。 (森田美由紀アナウンサーの声で) ということで、お金に詰まってもとにかく返済!ではいけません。 金融機関に真っ先に相談しましょう。...
お金の流れ · 30日 8月 2019
事業を立ち上げて、融資を受けるのなら、日本政策金融公庫か街の金融機関(地銀とか信金とか)のどちらかを検討することになります。 で、どちらが借りやすいですか?というと公庫。 金融機関の場合は、各都道府県の信用保証協会の審査も入るわけでその分時間を要するのです。 その点、公庫は書類が揃っていて創業計画を作り込めばするっと貸してくれます。...

さらに表示する