インバスケット演習を用いたリーダー育成研修

 

インバスケット演習とは、架空の人物になりきり、制限時間の中で多くの案件を処理することを目標とするビジネス・ゲームです。

受講者には架空の職場の管理職として、例題の案件や状況を読み取り、必要な意思決定を下していただきます。例題には、顧客からのクレーム、コンプライアンス、部下指導、上司からの指示、部下の意見具申など会社で起こりうる様々な問題が含まれます。

このトレーニングにより、組織全体を見て判断する力、効率的に成果を出すための優先順位をつける力、組織を動かし課題を解決する力を養い、マネジメントの実践力を強化します。

 

カリキュラム(7時間を想定)

 

【セミナーの特徴】

  • 当社が作成した事例を利用しています。受講者や会社さまが持つ課題に応じて内容をカスタマイズすることができます。
  • カスタマイズの例として、管理職のための数値管理、女性活用の視点、若手への指導スキル などです。
  • インバスケット演習の事例を用いた直後に、演習に出てくる部下への面談演習を行います。机上の空論に終わらず、生きた指導体験ができる点が高い評価をいただいています。
  • 6時間と丸一日かかる研修ですが、ワークが主体ですので、あっという間に終わったという声が続出しています。 

【本セミナー 開催するニーズ】

  • ちばぎん総研さまにて毎年リピートいただいています。
  • 管理職育成のための階層別研修の一つとして採用していただいています。

 

お問合せはメールからお願いいたします。

研修会社さまからのお問い合わせも歓迎いたします。

 

研修紹介のページに戻る